近親者だけで行う家族葬(密葬)という葬儀について解説します。

新規会員登録

家族葬(密葬)

家族葬(密葬)とは、基本的に家族・親族だけが参列して行う葬儀のことです。家族・親族だけなので故人とゆっくりとお別れができます。
一般葬と比較して参列者が少人数(身内だけ)になるというだけです。
『故人や家族の遺志』『故人が高齢でお知らせする人が少ない』などの理由から、火葬式と共に近年増えている葬儀スタイルです。

メリット

  • 小規模葬儀なので低料金で済ませられる
  • 形式にとらわれず、自由な形式でできる
  • 近親者のみで参列者への接待の必要がないので、ゆっくりとお別れができる

デメリット

  • 本人の遺志だとしても親族と意見の違いで対立することも
  • 訃報を聞いた人が葬儀の後弔問にやって来るため、しばらく落ち着かない
  • 参列者の数に応じて香典の金額も減るので、結果的に高くつくことがある
このページの最初に戻る
弔慰金を申請する 六曜カレンダー