近年増えつつある一日葬という葬儀について解説します。

新規会員登録

一日葬

一日葬とは、通夜から葬儀・告別式まで通常二日間以上かけて行われる儀式を一日で済ませてしまう葬儀のことです。
通夜は行わず、火葬当日に親しい方にお集まりいただき、告別式のみを行います。

メリット

  • 儀式が1日だけなので、身体的、精神的、経済的な負担が軽減される

デメリット

  • 訃報を聞いた人が葬儀の後弔問にやって来るため、しばらく落ち着かない
  • 参列者の数に応じて香典の金額も減るので、結果的に高くつくことがある
このページの最初に戻る
弔慰金を申請する 六曜カレンダー