葬儀形式について解説します

新規会員登録

葬儀形式

近年、葬儀の多様化・簡略化が進んでいます。昔ながらの葬儀といえばお通夜+告別式の一般葬が一般的でしたが、現在では葬儀の一部を省いたり、家族と親族だけで行うものや通夜や葬儀も行わなわず荼毘に付すだけ、というやり方も増えています。金銭的なこともあるでしょうが、現代人の宗教観の変化や一人で暮らしている孤独な老人が増えているからではないか、と考えられます。まぁ、どのような形式の葬儀であろうと本人や家族がそれでよければいいんですけどね。
ここでは基本的な葬儀の形式を紹介します。地域や慣習により 内容など異なる場合があります。 あくまでも参考にご覧ください。











このページの最初に戻る
弔慰金を申請する 六曜カレンダー