キリスト教のお葬式の形式について解説します。

新規会員登録

キリスト教(キリスト教式葬儀)

キリスト教の死に対する考え方は、『死はすべての終わりではなく神の許に召されること』と考えられています。葬儀は神への感謝であり、死者への供養とは考えません。 また、キリスト教でも各宗派ありますが、カトリックとプロテスタントがほとんどです。 イメージ画像:キリスト教
宗派によって葬儀の方法に違いがあり、カトリックは神父が、プロテスタントでは牧師が葬儀の進行役を務めます。
葬儀は、『前夜式』、『葬儀』、『告別式』の順に行います。 仏式での法要はキリスト教式では追悼ミサと呼びます。また、お焼香の代わりに献花を行います。

葬儀の流れ その1(カトリック)



  1. 祈祷
  2.  


  3. 聖歌合唱
  4.  


  5. 撤水
  6.  


  7. 撤香
  8.  


  9. 祈祷
    ・神父の追悼説教
  10.  


  11. 聖歌合唱
  12.  


  13. 弔辞
    ・弔電の紹介
  14.  


  15. 代表者
    ・遺族挨拶 
  16.  


  17. 撤水
  18.  


  19. 献花

葬儀の流れ その2(プロテスタント)



  1. 前奏
  2.  


  3. 讃美歌斉唱
  4.  


  5. 聖書朗読
  6.  


  7. 祈祷
  8.  


  9. 讃美歌斉唱
  10.  


  11. 牧師より個人の略歴披露
  12.  
  1.  


  2. 説教
  3.  


  4. 祈祷
  5.  


  6. 讃美歌斉唱
  7.  


  8. 弔辞
    ・弔電の紹介
  9.  


  10. 後奏
  11.  


  12. 代表者挨拶
  13.  


  14. 献花
撤水とは…
聖水を棺に注ぐ儀式です。
撒香とは…
香を炊きながら棺の周りを回る儀式
このページの最初に戻る
弔慰金を申請する 六曜カレンダー