冠婚葬祭に関連する日程は、こちらの六曜(六輝)を参考に。

新規会員登録

六曜(六輝)にはそれぞれ意味があり、特に冠婚葬祭に関連する日程についての日の良し悪しはこの六曜で判断する人が多いようです。

昔は「友引にお葬式をすると友を引く」という語呂合わせからきたただの俗信から、友引に告別式を行う人が極端に少なく、火葬場も休みにせざるを得なかったようですが、現在はそのような俗信を気にする人も減っており、また、最近では友引でも火葬を行えるところも多くあります。本来は友引も含めお葬式の出来ない日などないのです。

六曜を信じるか信じないかは人それぞれですが、家族や親族間で気にする人もいることでしょう。余計なトラブルを避けるためにも参考程度に考えてみるのもよいかもしれません。

このページの最初に戻る