対象者別にお葬式に関するお役立ち情報を解説します。

新規会員登録

お役立ち情報 -対象者別-

「喪主をされる方」イメージ画像

悲しみの中でも喪主になったら故人に代わって葬儀を主催しなければなりません。しかし、喪主になったら何をすればよいのか多くの人はその知識はほとんどないと思います。どんなお葬式になるかは喪主・ご遺族の気持ち次第ですし、なるべく故人の意思を尊重し、故人が望んでいたと思われるその方らしい葬儀になるよう務めたいものです。ここでは喪主の仕事、喪主を務める上での心構えや抑えておくべき点などを解説します。

「お葬式に参列される方」イメージ画像

お葬式のお知らせは突然やってくるものです。故人とのお別れの場で恥ずかしくないマナーで参列したいものです。 いざという時に慌てることのないようお葬式の場での心構えとして正しいマナーを身につけましょう。(地域や宗派によって若干異なります)

「就活をお考えの方」イメージ画像

死は必ず訪れるものです。ご自身のお葬式について残された遺族に全て託すのではなく、ある程度でもご自身で生前に決めておくことはご自身の今を整理し見つめ直すことにもなります。
最近では生前からご自身の亡くなった後の準備をする「終活」をする人が増えています。具体的にどのように準備していくのかをここで考えてみましょう。

弔慰金を申請する 六曜カレンダー