大型葬・社葬・合同葬という葬儀について解説します。

新規会員登録

大型葬・社葬・合同葬

大型葬、社葬、合同葬とは、取り仕切るのが個人か会社・団体で呼び方が変わります。
「社葬」は会社の社長や会長が亡くなった時に行うもので、会社や団体が主体となって行うのものです。 個人が主体となって執り行うのが「大型葬」、双方が合同で執り行うのが「合同葬」と呼ばれます。

メリット

  • しっかりとした社葬を行うことで、社外の関係者に信頼感を与え、社内の組織を安定させることができる
  • 会社の姿勢や後継者を内外に知らしめる
  • 挨拶がてらに取引先や得意先との親密度を深めることができるかも
  • 遺族の負担を軽減することができる

デメリット

  • 骨葬で行う場合が多いので、故人のお顔を見ることができない
このページの最初に戻る
弔慰金を申請する 六曜カレンダー